Author Archives: こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会

こどもの城の存続願う座談会、元気でました

ご報告が遅くなりましたが、10/12(土)、オリンピックセンターで、座談会「いま、こどもの居場所を考える 児童館行政の今後」をおこないました。

当日の模様については、こちらの動画をごらんください。

日本保育推進連盟副会長の大島和夫さんからは、保育園、児童館をつくり、運営してきた立場からの実感のこもった報告がありました。〝こどもの城で職員が研修を受け、児童館の運営をおこなってきたのに、国からの補助金がカットされ、さらにセンターであるこどもの城を廃止にするというのは、ハシゴをはずされたようなものだ。子どもたちの夢をつぶしてはいけない〟というお話がありました。

帝京大学前教授の村山祐一さんからは、昨年成立したこども子育て支援関連法の中で、児童館が基本事業に位置づけられなくなり、児童館関連事業の財源であった児童手当拠出金も児童館に使えなくなったこと、このままいけば児童館が大激減する危険性があることなど、国の児童館行政の問題点と転換の必要性がはなされました。

フリージャーナリストの猪熊弘子さんからは、4人のこどもを育てている働く母親の立場とジャーナリストの立場から、公的に支えられた児童館がこどもの育ちにとって必要なことが話されました。

座談会には、一般の参加者以外に、都議会議員1人、渋谷区議会4人、港区議会議員1人と、地元の議員のみなさんの参加がありました。

都議会議員の方は杉並の児童館の「ゆう杉並」がこどもの城をモデルにつくられたことを紹介しながら、存続に向けて取り組みたいという発言がありました。

渋谷区議会議員の方からは「地元自治体としてどうにかできないか、渋谷区と港区で話し合いがはじまっている」ことや「渋谷区内の児童館立て替えにともなう仮の施設では指導員がおらず、こどもが遊びにこなくなっている」ことの報告がありました。港区議会議員の方からは、区議会で全会一致で意見書をあげ、街の中で署名を集めている報告がありました。

参加した児童演劇関係者からは、「児童館巡回事業」の補助金の全廃が決まったという衝撃的な報告もありました。また、児童館館長さんや、利用者のみなさんからの発言もありました。

いくつかのメディアの取材もありました。

途中、是枝裕和監督のメッセージ、堀潤さんからのビデオメッセージなども折り込み、6日で1年を迎えた有志の会のこれまでの活動をご紹介しました。

堀潤さんからのビデオメッセージは、こちらをごらんください。

今回の座談会を通じて、さらに一回り、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続に向けて協力の輪が広がりました。

今後、国会への働きかけ、地元自治体への働きかけなど、すすめていきます。引き続き、お力お貸しください。


第26回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前

わぁ!中の人です。お知らせしたつもりでしていませんでした!すみません!署名やります!明日です!直前のお知らせになり申し訳ありません。

日時:10/30(水)18:00-18:50
場所:こどもの城前「こどもの樹」付近

青山円形劇場では谷山浩子さんのコンサートが行われます。「101人コンサート」で長年、円形劇場を利用されていた谷山浩子さん。もうずいぶん前に会場を移されていましたが、今回、円形劇場に帰ってこられました。こどもの城閉館反対の署名賛同人でもいらっしゃいます。コンサートに来られる方がいらっしゃいましたら、こちらの署名にもご一筆いただけると幸いです。

いつものようにお手伝いさんも募集しています!ご自身の手で署名を集めてみませんか?立ちっぱなしは大変ですけど、一筆いただいた時の喜びは格別です。この喜びをぜひ体験しに来てください。お待ちしています。飛び込み、途中参加、途中抜け、OKです!ボードを持った者にお声をおかけください。ご案内させていただきます。署名用品はこちらで用意します。

ではでは、当日は日暮れ後というのもあり、冷え込むことも予想されます。皆さま暖かい格好でおいでくださいね。待っています!


第25回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前

吹く風もようやく涼しくなって来た今日この頃、いつものようにこどもの城前で署名活動行います!

日時:10/6(日)16:00-17:40
場所:こどもの城前 岡本太郎作「こどもの樹」周辺

そして、いつものようにお手伝いさんも募集しています!当日の飛び込み大歓迎!署名用品はこちらで用意しておりますので、何も持ってこなくて大丈夫です。当日は、ボード等を持った会の者までお声がけください。ご案内させていただきます。

自分で街頭立ちし、自分の署名ボードに一筆いただいた時の喜びはひときわです。こどもの城を守るために、少しでも前進するために、あなたも最初の一歩を踏み出してみませんか?

署名される方、署名を受け付けてみたい方、当日お待ちしております!もう夕暮れも早くなってきました。足元にはお気を付けておいでくださいませ。


閉館計画発表から1年経ちました。

昨年、2012年9月28日にこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館計画が発表されて、すでに1年となりました。

ブログは、当会立ち上げのきっかけになった者が、飛び込んできたニュースにショックを受けて、その日の夜にいろいろネットで検索し、閉館の不当性に憤り、大人の責任として、このまま泣き寝入りしてたまるかという思いで、翌朝早くに開設しました。その発展形として当サイトがあります。

水道橋博士などの拡散の協力もあり、開設まもないブログに連日1000人前後の方の訪問がありました。

ブログで作戦会議をよびかけ、利用者、演劇関係者・愛好者が集まりました。そして、国会請願署名をスタートしました。Change.orgのみなさんのご協力でネット署名もスタートしました。署名運動の賛同人がネットを通じて次々集まりました。作戦会議に集まったみんなの努力で、著名な文化人のみなさんの賛同人も広がっていきました。テレビ、新聞をはじめメディアもとりあげました。渋谷区議会は閉館の見直し、港区議会は存続を求める決議を全会一致であげました。

国会請願署名は4万筆、ネット署名は8000筆をこえました。院内学習会をおこない、国会議員にはたらきかけ、紹介議員は、与党である自民党の議員から、民主党、みんなの党、共産党、社民党、生活の党、無所属議員まで広がっています。国会質問でも3度にわたり取り上げられました。

しかし、閉館の事態は変わっていません。

このままいけばあと1年半でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場は閉館となってしまいます。まだ30年以上使える建物であるにもかかわらず、取り壊されてしまいます。厚生労働省の調査でも大規模改修せずともあと10年は使えるのに、大規模改修費用を口実にあと1年半で閉館にされてしまいます。

閉館計画をくつがえすために、もっと大きな世論をつくりましょう。もっとたくさん署名を集めましょう。いっそうのご協力を心からお願いします。

さて、話は変わりますが、先日、東京のオリンピック招致が決まりました。オリンピック憲章には「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければなら」ないとあります。そして猪瀬知事は、「スポーツをする人をもっと増やす」といっています。国の統計によると、東京は、全国の中でもっとも人口あたりの地域の体育施設が少ない都道府県のひとつです。

こどもの城には、体育館があり、プールがあります。運動が苦手な子がスポーツが好きになるプログラムも開発してきました。こどもの城から誕生した「スポーツ鬼ごっこ」は、オリンピックの公開競技をめざしていると報じられていました。

こどもの城の閉館は、オリンピック精神にも反しまます。オリンピックが東京にきまった今、政府関係者も自治体関係者も、こどもの城の閉館を再考すべきでしょう。


堀潤さんの著書に取り上げられました

当会も何度かマスコミに登場しましたが、転機のひとつは、 ジャーナリスト堀潤さんとの出会いです。堀潤さんは最近本を二冊出版され、そのいずれにも、こどもの城問題のことを取り上げていただきました。

当会の名称が明確に出てくる訳ではありませんが、堀潤さんが立ち上げ育てていこうとする市民メディア、8bitNewsに市民(当会)が映像を投稿したこと、市民自らが声を上げていこうとしていることの代表例として取り上げていただいております。

堀潤さんの著書は、「僕らのニュースルーム革命」「僕がメディアで伝えたいこと」の二冊。

それぞれの当該ページの掲載許可をいただきましたので、ご覧くださいませ。

「僕らのニュースルーム革命」
http://amzn.to/14IIF1K

「僕がメディアで伝えたいこと」
http://amzn.to/14IILX9

「僕らのニュースルーム革命」は、幻冬舎から。今の日本のメディアが抱える問題、そして未来のメディアはどうなるのか?ということが主題です。

「僕がメディアで伝えたいこと」は、講談社から。今までNHKでなにを学び、なにをしてきたのか?結果、今どうなっているのか?ということが主題です。

いずれにしろ、堀潤さんの根幹を貫くのは、市民の声を伝えるということ。その手段として8bitNews(10月下旬リニューアル予定)があり、リニューアル前の8bitNewsにも当会は映像を投稿し、こういうことをしています、と草の根からお伝えしていたわけです。

こういった市民の上げる声を丁寧に追ってくださるメディア人の方はそう多くはなく、今まで取り上げてくださったメディアの皆様方にももちろん感謝は申し上げますが、一過性のものになってしまったものがあることも否めないのが事実です。

そんな中、堀潤さんは、堀潤さん自身でも独自取材をしていただいているなど、ずっと継続的にこどもの城問題のことを気にかけてくださっています。改めて感謝申し上げます。

堀潤さん著書

堀潤さんの著書でこどもの城問題に触れたページ

堀潤さん著書カバー

堀潤さん著書カバー


【イベント】
~今こどもの居場所を考える~
【児童館行政の今後】

日時:2013.10.12(土)14:00-16:00
場所:オリンピック青少年センター「センター棟」309号室
チケット:http://peatix.com/event/20152
全席自由:無料

2010年のユニセフの調査では、日本の15歳の30%が「さびしい」と感じ、19%しか「幸せ」と感じていず、世界的にも孤独感が突出しています。就学前の待機児童解消策だけでは、小中高のいじめ、自殺、体罰、ひきこもりや犯罪など、今多くのこどもが直面している問題は解決できません。子どもたちが自分らしく入られる場所、見守りの場所が必要です。

0歳~20歳までが集うことのできる児童館は、幼いころからの同世代や異年齢の交流のより、健全な精神や身体の育成が自主的にできる場です。

各界の専門家をお招きし、会場の子育て当事者も参加型の座談会を行います。
子連れ大歓迎です!!ぜひご参加ください!
※小学生以上要チケット

チケットのお申込みは、こちらまでどうぞ。
http://peatix.com/event/20152

開催場所の地図はこちらです。


大きな地図で見る

児童館の中でも、特に「こどもの城」存続に関しては、フランスのカンヌ映画祭でことし審査員賞を受賞した映画「そして父になる」の是枝裕和監督、舞台役者の八嶋智人さんを始め、大勢の著名人の方々が賛同してくださっております。児童館の抱える問題は、子育てをする全ての方々、また併設されている劇場は全ての演劇関係者に関係しており、決して他人事ではありません。あなたの隣の誰かが、こどもの城が、身近な児童館がなくなることで困っているかもしれない。皆でディスカッションし、知恵を出しあい、良い未来を見出していきませんか?

——————–
【座談会参加者】
■フリージャーナリスト  猪熊弘子氏
■日本保育推進連盟副会長 大島和夫氏
■前帝京大学教育学部教授 村山祐一氏
■スペシャルゲスト
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場利用者
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会共同代表
——————–
お問い合わせのある方は、こちらまでどうぞ
kodomoaogeki@gmail.com

こどもの城

こどもの城 ※今回のイベントの開催場所とは異なります。


「噂の!東京マガジン」に、こどもの城問題が取り上げられます

直前のお知らせで申し訳ございません!

明日お昼にTBSで放映される「噂の!東京マガジン」に、こどもの城閉館問題が取り上げられます。

当会が行っている署名の模様や、会のメンバーの声、また署名いただいた方の声など、取り上げられる予定です。とても丁寧に取材していただいたので、こちらとしても楽しみにしております。

ただ楽しみにするだけでなく、こうして「こどもの城が閉館してしまう、なぜ?」という問題意識がもっともっと広がってほしいと願います。

明日のお昼、13:00からです。お楽しみにー。
https://twitter.com/tokyomagazine/status/375568161346580481

追記;
当日の放送内容を比較的詳しく掲載したページがあったのでご紹介します。(⇒価格.com – 「噂の!東京マガジン」2013年9月8日(日)放送内容 | テレビ紹介情報

「こどもの城」が閉館する事を受けて、「指導してくれる指揮官を失ってしまう」という町田市の児童館へのインタビューや、地元商店街の声、渋谷区が運営の移管受け入れに前向きであることなどが紹介されました。


専門誌「建築ジャーナル9月号」に取り上げられました。

建築ジャーナル9月号に取り上げられました。
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を訴える「有志の会」の有泉共同代表や会のメンバーのインタビューがたっぷり掲載されています。

編集者の了解を得てアップしました。
ぜひ、ご覧ください。
※クリックすると大きくなります

建築ジャーナル

建築ジャーナル

本そのものをお求めの場合は、こちらの通販までどうぞ。
http://www.kj-web.or.jp/

建築ジャーナルさん、ありがとうございました!


第24回・第24.5回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前

そろそろ秋の風、赤とんぼも飛び始めた9月の連休、署名活動行います!

2013.9.14(土)
13:30-14:40(第24回)
16:30-17:40(第24.5回)

「こどもの城前・こどもの樹」付近

※こちら、二回に分けて行いますので、便宜上「第24回」「第24.5回」として扱わせていただきます。

自筆署名もあと一息で45,000というところまで来ました。目標の10万の半分弱ということになります。国会を動かす目安は10万と言われており、僅かずつの歩みでありながら徐々に近付いてまいりました。まだまだ署名は必要です。ご協力をお願い致します。街頭までおいでになれない方は、署名用紙をダウンロードしていただき、記入してお送りいただく方法もあります。送付先など詳細につきましては用紙に記載されておりますので、こちらのURLまでアクセスくださいませ。http://econ-web.net/kodomo-aogeki.pdf

記事にコメントを事前にいただけると助かります。事前に表明がなくても、当日おいでいただいても大丈夫です。途中参加、途中抜けもOKです。ご自身の手で一筆いただいた時の喜びはまた格別です。その喜びを味わってみませんか?こどもの樹付近に署名用ボードを持ったスタッフがおりますので、お気軽にお声掛けください。署名用品一式はこちらで用意いたします。

当日は、

青山劇場 劇団EXILE「あたっくNo. 1」 12:00~ 17:00~
円形劇場 戸田恵子「今の私をカバンにつめて」 14:00~ 19:00~

以上の公演が行われています。

こちらの舞台、およびこどもの城においでいただいた皆さま、ほんの30秒ほど足を止めていただくだけで結構です。一筆書いてみませんか?

お待ちしております!

こどもの城

こどもの城(鯉のぼりバージョン)


こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を求める署名、合計50,000筆突破!

先日、郵送で3151筆の署名がよせられました。日本児童館協議会からたくさんの署名がとどいたのを始め、全国各地から署名がよせられました。国会請願署名は、これまでに44,045筆になりました。

一方、厚労省など政府宛のネット署名も8,000筆を超えています。

両方合わせて、50,000筆を大きく超えるところまで来ました。

目標の100,000筆の半分を超えました。夏休み中は、多くのこどもたちが率先して署名をしてくれました。「こどもの城は役割を終えた」という厚労省の言い分が間違いであろうと、署名に取り組みながら思いを強くしました。

今、各省庁から来年度予算の概算要求がまとめられています。このまま行けば、来年度予算が最後の予算になってしまいます。

こどもの城、青山劇場、青山円形劇場は、60年使用の予定で設計されており、まだ、30年以上使える建物です。運営費・維持改修費の出し惜しみで閉館なんて考えられない話です。

いよいよ正念場です。秋の臨時国会へ、さらにたくさんの署名を提出したいと思います。いっそうのご協力、よろしくお願いします。