埼山知尚候補(自民党・荒川区)からの回答

 

質問①交通量が多く、遊び場が少ない東京在住の親子にとって、こどもの城は大切な遊び場であると考えますか?
→どちらとも言えない

理由
こどもの城は、国が開設した児童の健全な育成を目的とした児童厚生施設であったと聞いています。しかし、国は、開館当時に比べ、子供の遊び方児童館や地域の子育て支援拠点の整備等が進んだこと、また建物の老朽化が進行しており現在の機能を維持することは困難であるなどの理由で、閉館を決定したものと聞いております。

質問②大阪府や愛媛県、岩手県、秋田県など、多くの府県で「府県立の大型児童館」が運営されており、「市立・区立の小規模児童館」と「府県立の大規模児童館」という、それぞれが異なる役割を持って子どもの成長と子育て環境を支えていますが、東京都でも大型児童館が必要であると考えますか?
そう思わない

理由
児童館の設置・運営は、地域福祉の主体である区市町村が行うことが望ましく、施設の規模や設置場所は、区市町村の判断と取組尊重すべき。また、都は、区市町村の取組を支援する為に、地域の児童館に出向き、指導員に遊びのノウハウを教える出前講座、新たな遊びのメニューの共同開発及び児童館職員への研修等などにより、区市町村の児童館活動を積極的に支援すべきと考えます。

質問③こどもの城は、東京都内の区立児童館をはじめ、全国の児童館のセンターとして、児童館職員の研修活動や屋内外遊びの開発・発信を行い、児童館が遊びと文化を通してこどもたちの健全な成長を見守っていく場所として機能するための重要な拠点であったことをご存知でしたか?
その他

もちろん承知していましたが、開館当時に比べ、①子供の遊び方や遊び場所の多様化等子供を取り巻く環境が大きく変化②地方自治体や児童館や地域子育て支援拠点の整備が進んだことなど、大型児童館の機能や役割も変化していると聞いている。

質問④青山劇場、青山円形劇場の両劇場が、世界的にも貴重な舞台設備を兼ね備えた劇場であり、文化の創造・発信地として日本の演劇文化の発展に多大な貢献をしてきた劇場であることをご存知でしたか?
→その他

(3)の回答と同様で、開館当時に比べ子供の遊び場や遊び場所の多様化など子供を取り巻く環境が大きく変化したことで、当初の目的は果たしたと聞いている。

質問⑤こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を、東京都による運営で復活させたいと考えますか?
そう思わない

理由
(1)子どもの城は国が開設した児童厚生施設で、都民の税金で改修費等の負担することは適当ではないと考える。②該当の設置・運営は、地域福祉の主体である市区町村が行うことが望ましく、施設の規模や設置内容を含め、市区町村の判断で取組むことを尊重する。③今後の活用等については、渋谷区・港区の意向を十分に尊重するべきです。又、何らかの形態で施設を継続していく場合は、その管理についても地元区に任せるべきであると考えます。