各種資料&リンク
Links & Publications

・こどもの城公式webサービス
公式webサイト / Twitter / Facebook

・こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会関連webサービス
Twitter / Facebook / Google+ / ブログ / 署名用紙PDF版

閉館反対呼びかけ用チラシ / Change.org(ネット署名サイト) 

 

(各種資料類へのリンク)

・閉館について――なぜ閉館するの?厚労省の言い分

1.こどもの城の閉館に関する報道について (こどもの城公式サイトプレスリリース )

2.国立総合児童センター「こどもの城」の閉館について (厚生労働省プレスリリース 2012年9月28日)

・報道とメディア掲載情報

1.朝日新聞デジタル:「こどもの城」閉館へ 15年3月、青山円形劇場も – 社会 (2012年9月28日)

2.渋谷「こどもの城」閉館へ 老朽化で :日本経済新聞 (2012年9月28日)

3.日経新聞(夕刊) 「消える劇場、改修費に泣く」 (2012年10月29日)

4.朝日新聞 「こどもの城存続 有志が署名活動」 (2012年10月30日)

5.NHK 首都圏ネットワーク 「広がるネット署名」 (2012年10月31日)

6.東京都広報 「水道橋博士が語るはかせのはなし/消えゆく”夢の城”を想う」 (2012年11月1日)

7.東京新聞 「こどもの城は貴重な施設」存続願い有志が署名活動 (2012年11月19日)

8.朝日新聞 『声』(投書)欄 「『こどもの城』閉館は疑問」 (2013年1月24日)

9.朝日新聞「ネット署名 どっと進化」 (2013年1月29日)

10.朝日新聞 『私の視点』(オピニオン)欄 「子育て支援 児童館推進で持続可能に」(帝京大学・村山祐一前教授) (2013年2月11日)

11.しんぶん赤旗「『こどもの城』なぜ廃止 厚労省『経過検証したい』」 (2013年4月16日)

12.8bit news 「『なくさないで!』こどもの城・青山劇場・青山円形劇場」 (2013年5月9日)

13.8bit news 「こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の灯を消さないで!13.5.6」 (2013年5月11日)

14.Huffington Post 「こどもの城」閉館か? 存続を訴える署名運動 (2013年5月11日)

15.朝日新聞 『私の視点』(オピニオン)欄 「『こどもの城』閉館 生き生き遊べる場、守って」(東京工業大学・仙田満名誉教授) (2013年7月6日)

16.ニコニコ生放送 堀潤の「ネルマエニュース24 #6」 (2013年8月5日)

17.月間専門誌『建築ジャーナル』2013年9月号 「地域の話題欄」に「児童館の先駆けとなった国立総合児童センター「こどもの城」存続を」が掲載(当サイト掲載記事

18.TBS系『噂の!東京マガジン』「噂の現場」(公式サイト) ・当サイト記事 ・詳しい放映内容 (2013年9月8日)

19.サンデー毎日(12/29号)「住吉美紀の熱烈対談 高泉淳子」(当サイト掲載記事)(2013年12月22日)

20.シブヤ経済新聞 「青山通り沿い「こどもの城」、閉館に向け各事業終了時期発表」 (2014年3月24日)

21.朝日新聞 『記者有論』「こどもの城閉館 育んだ劇場文化を絶やすな」 (同紙編集委員・吉田純子さん) (2014年4月15日)

22.8bit news 「こどもの城閉館問題が8bitNewsで取り上げられてから早一年。あれからどうなった?反対署名活動団体代表の声を聞く。」 (2014年4月30日)

・街の声

1.「こどもの城」老朽化で閉館への落胆の声 – NAVERまとめ (2012年9月28日)

2.思い出が詰まった「こどもの城」閉館を惜しむ声、疑問の声 – NAVER まとめ (2012年10月1日)

3.青山劇場・青山円形劇場閉館決定について演劇関係者のツイートまとめ – Togetter (2012年9月28日)

4.こどもの城閉館のニュースを惜しむ声 – Togetter (2012年9月28日)

5.こどもの城・青山劇場閉館の衝撃 – Togetter (2013年5月11日)

・当会独自資料

1.全国児童館アンケートまとめ(pdf)(SlideShare版;より軽量です)

:私たち有志の会では、2013年3月10日から28日にかけて、過去3年間にこどもの城の児童館巡回研修事業を受け入れた全国各地の児童館を対象に、児童館およびこどもの城に関するアンケート調査を行いました。148か所に送付し、35件の有効回答を得ました。いずれの回答も、地方の児童館運営に際してこどもの城が大きく役立っていることを主張するものでした。

2.西村智奈美厚生労働副大臣への陳情書(pdf)(2012年11月14日)

3.厚生労働省雇用均等家庭局児童育成環境課面談時記録(pdf)(2012年11月19日)

・登壇フォーラム関連資料

1.「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を考える ~文化政策の視点から~」 記録集NEW!
:2013年12月01日に開かれた日本文化政策学会第7回研究大会における特別企画フォーラム「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を考える
~文化政策の視点から~」での登壇者の発表・発言記録集です。このフォーラムでは、当会共同代表の有泉からはこどもの城や青山劇場がこどもの情操教育や文化形成に果たす役割など、高野さんからは青山劇場と、とくに青山円形劇場の空間の特殊性や演劇人たちにとっての重要性、石井先生からは両劇場がバレエやコンテンポラリーダンスの重要な拠点としてユニークな役割を果たしており国際的な文化交流の場にもなっていることが指摘されました。さらに曽田先生から昨今の文化政策に関する概念の拡がりを踏まえて、文化政策上の論点や今後の議論の方向性について総括が行われました。(pdf, 総ページ数29p)

・こどもの城/運営主体について

1.こどもの城について(公式サイト内)

2.児童育成協会事業概要

3.来館児・者数推移

4.児童福祉法(総務省運営の行政ポータルサイトe-govの法令データシステム

 ・公的資料

1.渋谷区議会採択「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館の見直しを求める意見書

2.港区議会採択「国立総合児童センターこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を求める意見書

3.全国の児童館数の推移と児童館種別の分類(pdf)(厚生労働省ウェブサイト中、少子化対策特別部会参考資料より, 2009年10月)
(上部ディレクトリ:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/s1013-5.html

 :前半のグラフは厚労省の閉館に関する説明の「各地に児童館が整備された」に対し、そのピークは過ぎていることを示すものです。また、児童館の種類の説明では大型児童館の中でも「C型児童館」と呼ばれる広域を対象として芸術・体育・科学などの幅広い活動を提供できる施設は全国に1館(こどもの城を示す)のみであり、劇場、ギャラリー、歴史科学展示室、宿泊研修室まで備えたこどもの城がきわめて特徴的な立ち位置にある施設であることがわかります。

4.厚生労働省省内事業仕分け関連資料(2010年10月25日)・・・①議事次第(pdf)、②法人概要(pdf)、③法人当初改革案(pdf)、④論点等(pdf)、⑤その他の資料(pdf)、⑥当日の評決結果(pdf)、⑦議事録(pdf)、⑧Ustream1,Ustream2、⑨改革案(pdf)
(上部ディレクトリ:http://www.mhlw.go.jp/jigyo_shiwake/past_index.html

:民間の有識者らによる省内事業仕分け会議では国家公務員出身役員・職員(いわゆる天下り)の削減や、国庫拠出補助金の削減など、様々な具体的な改革案が示され、その後仕分けに沿った改革が実際に実行されてきました。この事業仕分け会議の中でこどもの城自体の事業廃止といった提案は一切行われておらず、その後の2012年9月に、省内の決定で突然「役割を終えた」として閉館が決定された経緯は極めて不透明であると言わざるを得ません。

・子ども・子育て関連3法(子ども・子育て新システム)関連

子ども子育て関連3法(内閣府HP

http://www8.cao.go.jp/shoushi/kodomo3houan/index.html

子ども子育て関連3法についての説明資料(上記3法をコンパクトにまとめています)

(子育て当事者が参画するこども子育て会議を地方自治体の努力義務としています。)

http://www8.cao.go.jp/shoushi/kodomo3houan/pdf/s-about.pdf

社会保障審議会児童部会 (保育や放課後児童館などについてこちらで審議されています)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000008f07.html#shingi18


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA