尾崎大介候補(民進党・北多摩第三)からの回答

 

質問①交通量が多く、遊び場が少ない東京在住の親子にとって、こどもの城は大切な遊び場であると考えますか?
→そう思う

理由
こどもの城は青山地域の子どもたちや、発達障害など様々な理由で自分の住んでいる地域の児童館などで放課後過ごすことが困難な子どもたち、そして親たちにとって大切な居場所、遊び場となっていました。

質問②大阪府や愛媛県、岩手県、秋田県など、多くの府県で「府県立の大型児童館」が運営されており、「市立・区立の小規模児童館」と「府県立の大規模児童館」という、それぞれが異なる役割を持って子どもの成長と子育て環境を支えていますが、東京都でも大型児童館が必要であると考えますか?
そう思う

理由
こどもの城は首都圏の大型児童館としての機能を持つとともに、子どもたちの健やかな育成に必要な人材の育成や遊びのプログラム開発の拠点として運営されてきました。こうした役割は、東京都においても必要だと考えます

質問③こどもの城は、東京都内の区立児童館をはじめ、全国の児童館のセンターとして、児童館職員の研修活動や屋内外遊びの開発・発信を行い、児童館が遊びと文化を通してこどもたちの健全な成長を見守っていく場所として機能するための重要な拠点であったことをご存知でしたか?
知っていた

質問④青山劇場、青山円形劇場の両劇場が、世界的にも貴重な舞台設備を兼ね備えた劇場であり、文化の創造・発信地として日本の演劇文化の発展に多大な貢献をしてきた劇場であることをご存知でしたか?
→知っていた

質問⑤こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を、東京都による運営で復活させたいと考えますか?
そう思う

理由
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化施設などの改修が重なり様々な公演を行う会場が不足しています。国や都は芸術団体など様々な団体の公演活動に支障がないよう青山劇場、青山円形劇場の活用を検討すべきと考えます。