Category Archives: こどもの城議員見学会

議員見学会を行いました

昨日、無事に議員見学会を執り行うことができました。

ご参加いただいた議員および秘書の方は
・福島瑞穂参議院議員(社)
・笠井亮衆議院議員(共)
・田村智子参議院議員(共)
・鈴木寛参議院議員の秘書の方(民)

でした。

(自民党の議員の方からも参加表明をいただいていたのですが、直前に別件が入ってしまったそうで急きょキャンセルになったのは残念でした。機会を見てこどもの城の見学はしたいとおっしゃっているので期待しています)

先生方と秘書の方は皆さん「こんなに楽しい場所だったんですね」「ものすごくにぎわっていますね」「中で遊んでいるお母さんや子どもたちにも『無くさないで』と声をかけられました」とお話していました。

これから、超党派で動く流れを作っていこうということで合意しました。

また、こどもの城存続のために様々にご尽力いただいている帝京大学前教授の村山祐一先生もお越しいただき、見学会にご同行いただきました。

村山先生は、子育てや子どもたちの成長のために児童館はとても大きな役割を担っている、そしてこどもの城はそのナショナルセンターとして必要不可欠、というお話を議員の方々にしてくださりました。

そして、私たち有志の会が行った全国の児童館に向けてこどもの城の役割を問うた「児童館アンケート」の結果を議員の皆様にお配り、全国の児童館からあがってきた「こどもの城の活動が現場で役立っている」「こどもの城は必要」という声を、議員の方々に届けました。

そして、超党派の動きをさらに強められるよう、5月中旬に院内学習会を開催しよう、ということで議員の皆様、村山先生とお話しました。
 
これから全力で準備を進めていければと思っています。

来年度予算の概算要求までが勝負の時です。来年度予算編成のスケジュールをかんがえても、院内学習会は、国の決定をくつがえすような、超党派政治家をのみなさんの動きを大きくつくる決定的な機会になると思います。

国の決定を動かすことは容易なことではありませんが、光が全く見えてない状況ではないところまでは、なんとかこじつけることができています。

風穴を開けられるよう、皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!

これからの動きについて、Facebookグループ「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」会議室にて随時相談しています。

ご協力いただける方、ぜひ、ご参加ください!
こちらより
「グループに参加する」をクリックお願いいたします。


こどもの城 議員見学会 やります!

国会議員、都議会議員の方々に、 こどもの城の重要性や 実際の活動をごらんいただく 「こどもの城の議員見学会」 をおこなうことしました。

当日は前帝京大教育学部教授で全国保育団体連絡会保育研究所所長、 日本保育学会評議員村山祐一氏にお越しいただき、 唯一の国立の児童館であるこどもの城の重要性、 日本全国の児童館事業の重要性についてお話いただき、 現場のスタッフの皆さんの声をじかにきいていただく予定です。

昨日は、手分けをして、国会議員130名(厚生労働委員関係、文部科学関係)にご案内をFAXしました。都議会議員も厚生関係、文教関係の方でメールが公表されている方にご案内を送りました。

このブログをご覧になっていただいている方で、国会議員、都議会議員につてがある方がいらっしゃれば、ぜひ、お声かけをお願いします。

また、マスコミのみなさんにもプレスリリースしています。報道よろしくお願いします

<企画概要>
●日時:2013 年 4 月 5 日(金)13:00 ~ 14:00(予定)
●集合場所:こどもの城 アトリウム側入り口(総合受付前)

●備考 村山祐一氏略歴
前帝京大学文学部教授(2006 年~ 2013 年)。1942 年生まれ。1969 年法政大学大学院 社会科学研究科修士課程修了、社会福祉法人加須福祉会三俣保育園園長などを経て、 1998 年 10 月から鳥取大学教育学部教授に就任。日本保育学会評議員、政策研究委員会 委員長、全国保育団体連絡会保育研究所所長、福祉法人加須福祉会理事長。専門分野は 保育学。研究テーマは「保育の質と保育政策の課題」と「子育て環境格差と幼保一元化 子育て支援の課題」。著書に「たのしい保育園に入りたいー子どもの視点をいかした保 育制度改革への提言」( 新日本出版)「『子育て支援後進国』からの脱却ー子育て環境格 差と幼保一元化・子育て支援のゆくえ」(新読書社)など多数。
詳細はhttp://www.e-campus.gr.jp/staffinfo/public/staff/detail/170