Monthly Archives: 6月 2013

You are browsing the site archives by month.

院内学習会のご参加ありがとうございました

本日の院内勉強会は無事終了いたしました。

今回初めてご参加された自民党の三ッ林衆議院議員をはじめとする5名の議員と9名の議員秘書を含め、85名の参加者が集まりました。

厚労省への質疑応答は、先方から激しい時間制限があり、十分な質疑ができたとは言い難い状況でしたが、村山先生からの厳しい追及、子どもの権利条約に関する厚労省への厳しいご意見、利用者からの率直な質問などが飛び交い、とても意義深い機会となりました。

参加された議員や秘書の方も自民党、公明党、民主党、共産党、社民党と与野党に渡り、口々に存続と超党派で力を合わせてがんばりたいと訴えられていました。

厚労省の回答は全く納得のいくものではありませんでしたが、超党派での動きをさらに強めて、次の展開につなげていきたいと思います。

現在取り組んでいる国会請願署名は、今国会提出分については6月15日必着でお願いします。
今国会終了後も、秋に予想される臨時国会に向けて取り組んでいくことにしました。引き続くご協力よろしくお願いします。

今日の映像はこちら……


明日12時半~リアルタイム配信します

たくさんの方々のご協力のおかげで、明日の院内勉強会の様子をUstreamでオンタイム中継できることになりました!
遠方などで会場にいらっしゃれない方も、ぜひこちらの中継にてリアルタイムでご覧いただければと思います。
URLは
http://www.ustream.tv/channel/kodomo-aogeki
です。12時半開始予定です。

また、この様子はアーカイブにも収められる予定ですので、お仕事中でリアルタイムでご覧いただけない方も、ぜひご覧ください。
たくさんのご視聴、よろしくお願いいたします!!
(ツイッターやフェイスブックで、たくさんの拡散もお願いします!)

***

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】

主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会

後援:
NPO法人ファザーリング・ジャパン
子どもの権利・教育・文化全国センター、
NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002


この場所を失うということ

引き続き、6月5日の院内勉強会の準備を進めています。

円形劇場の「ア・ラ・カルト」などの音楽監督を務めるヴァイオリニストの中西俊博さんからビデオメッセージをいただきました。

そのコメントがあまりにも胸に迫るものがあり……

一足お先に、ここにその一部をご紹介したいと思います。

「円形劇場は、すでに固有の文化の発祥の地になってると思います。
あの劇場を壊すということは、ひとつの劇場が無くなるとかではなくて、文化の発祥の地を、ひとつ失うと思って下さい」

重い言葉です。届いてほしい!

そして、決して「失う」という決断がされないよう、重要な話し合いがされる院内勉強会に、ぜひご参加いただければ幸いです。

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】

主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会

後援:
NPO法人ファザーリング・ジャパン
子どもの権利・教育・文化全国センター、
NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002


院内勉強会、いよいよ今週水曜日です

昨日の街頭署名では296筆が集まり、他にも237筆の署名がよせられ、現在の国会請願署名は30,931筆になりました。
署名終了後の会議では、5日の院内勉強会の内容について討議されました。

院内勉強会、いよいよ今週水曜日です。

存続を願うビデオメッセージも届き、映像編集や資料作成に追われています。

国会議員や厚労省担当者も一堂に集まるこの院内勉強会で、この場所の必要性と、厚労省が掲げているふたつの閉館理由――「全国に児童館が整備されたのでその役割を終えた」「老朽化のため修繕に117億かかる」がいかに矛盾に満ちているかを訴え、何とか存続のための風穴を開けられたらと思っています。

存続を願う声がこんなにも集まっているのだということをアピールするためにも、たくさんの方にご参加いただければと思っています。

「議員会館」での「院内勉強会」というと、とても敷居の高いもののように感じてしまうかもしれませんが、主催している私たち有志の会も本当に「一般人」で、「一般利用者」の一員ですし、ぜひお気軽にご参加いただければと思います。

個人的には、議員会館の建物がとてもスゴイので、そのご見学のような気持ちでも来ていただければ……と思います。

12時より、1階入り口にて受付いたしております。
ご不明な点ございましたら、コメントなどでご質問ください。

平日の日中ということで、ご参加が難しい方も多いと思いますが、ツイッターやフェイスブックなどで拡散、ご参加の呼びかけをお願いできればと思います。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」のご案内
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】

主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会

後援:
NPO法人ファザーリング・ジャパン
子どもの権利・教育・文化全国センター、
NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002