6月5日に国会で勉強会開催します。大勢の参加で存続の熱意を示そう

こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を求める学習会を、参議院会館でおこないます。

当日は、厚労省担当者にも参加してもらい、閉館を見直すよう厚労省サイドに投げかける機会にしたいと考えています。(できれば政務三役にも来てもらいたい)

そして、この勉強会が、利用者が国に対してこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の必要性を訴える最後の大きな機会になると思われます。

政治に大きくプレッシャーをかけるために、ぜひたくさんの方に参加していただければと思っています。
平日のお忙しい時間帯ではありますが、可能な方、ぜひご参加をお願いします!

そして、ぜひツイッターやフェイスブックなどで告知していいただき、参加を呼び掛けていただければと思います!
どうぞよろしくお願いいたします!

チラシを作成しましたので、ご活用ください。
ウェブ上にもアップしています。
こちらからダウンロードできます。
 
<日時など>
「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
<日時など>
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】

<内容(予定)>
○講演:村山祐一氏(帝京大学前教授)
「こどもの城と児童館の役割~現場・研究の立場から~」
○こどもの城とは
○こどもの城、青山劇場、青山円形劇場に関する利用者からの声
○こどもの城に関する全国児童館アンケートの結果分析およびこどもの環境の現状に関する発表
○こどもの城利用者の声(一般利用者からの意見)                など
など


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA


Post Navigation