Category Archives: 座談会について

こどもの城の存続願う座談会、元気でました

ご報告が遅くなりましたが、10/12(土)、オリンピックセンターで、座談会「いま、こどもの居場所を考える 児童館行政の今後」をおこないました。

当日の模様については、こちらの動画をごらんください。

日本保育推進連盟副会長の大島和夫さんからは、保育園、児童館をつくり、運営してきた立場からの実感のこもった報告がありました。〝こどもの城で職員が研修を受け、児童館の運営をおこなってきたのに、国からの補助金がカットされ、さらにセンターであるこどもの城を廃止にするというのは、ハシゴをはずされたようなものだ。子どもたちの夢をつぶしてはいけない〟というお話がありました。

帝京大学前教授の村山祐一さんからは、昨年成立したこども子育て支援関連法の中で、児童館が基本事業に位置づけられなくなり、児童館関連事業の財源であった児童手当拠出金も児童館に使えなくなったこと、このままいけば児童館が大激減する危険性があることなど、国の児童館行政の問題点と転換の必要性がはなされました。

フリージャーナリストの猪熊弘子さんからは、4人のこどもを育てている働く母親の立場とジャーナリストの立場から、公的に支えられた児童館がこどもの育ちにとって必要なことが話されました。

座談会には、一般の参加者以外に、都議会議員1人、渋谷区議会4人、港区議会議員1人と、地元の議員のみなさんの参加がありました。

都議会議員の方は杉並の児童館の「ゆう杉並」がこどもの城をモデルにつくられたことを紹介しながら、存続に向けて取り組みたいという発言がありました。

渋谷区議会議員の方からは「地元自治体としてどうにかできないか、渋谷区と港区で話し合いがはじまっている」ことや「渋谷区内の児童館立て替えにともなう仮の施設では指導員がおらず、こどもが遊びにこなくなっている」ことの報告がありました。港区議会議員の方からは、区議会で全会一致で意見書をあげ、街の中で署名を集めている報告がありました。

参加した児童演劇関係者からは、「児童館巡回事業」の補助金の全廃が決まったという衝撃的な報告もありました。また、児童館館長さんや、利用者のみなさんからの発言もありました。

いくつかのメディアの取材もありました。

途中、是枝裕和監督のメッセージ、堀潤さんからのビデオメッセージなども折り込み、6日で1年を迎えた有志の会のこれまでの活動をご紹介しました。

堀潤さんからのビデオメッセージは、こちらをごらんください。

今回の座談会を通じて、さらに一回り、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続に向けて協力の輪が広がりました。

今後、国会への働きかけ、地元自治体への働きかけなど、すすめていきます。引き続き、お力お貸しください。


【イベント】
~今こどもの居場所を考える~
【児童館行政の今後】

日時:2013.10.12(土)14:00-16:00
場所:オリンピック青少年センター「センター棟」309号室
チケット:http://peatix.com/event/20152
全席自由:無料

2010年のユニセフの調査では、日本の15歳の30%が「さびしい」と感じ、19%しか「幸せ」と感じていず、世界的にも孤独感が突出しています。就学前の待機児童解消策だけでは、小中高のいじめ、自殺、体罰、ひきこもりや犯罪など、今多くのこどもが直面している問題は解決できません。子どもたちが自分らしく入られる場所、見守りの場所が必要です。

0歳~20歳までが集うことのできる児童館は、幼いころからの同世代や異年齢の交流のより、健全な精神や身体の育成が自主的にできる場です。

各界の専門家をお招きし、会場の子育て当事者も参加型の座談会を行います。
子連れ大歓迎です!!ぜひご参加ください!
※小学生以上要チケット

チケットのお申込みは、こちらまでどうぞ。
http://peatix.com/event/20152

開催場所の地図はこちらです。


大きな地図で見る

児童館の中でも、特に「こどもの城」存続に関しては、フランスのカンヌ映画祭でことし審査員賞を受賞した映画「そして父になる」の是枝裕和監督、舞台役者の八嶋智人さんを始め、大勢の著名人の方々が賛同してくださっております。児童館の抱える問題は、子育てをする全ての方々、また併設されている劇場は全ての演劇関係者に関係しており、決して他人事ではありません。あなたの隣の誰かが、こどもの城が、身近な児童館がなくなることで困っているかもしれない。皆でディスカッションし、知恵を出しあい、良い未来を見出していきませんか?

——————–
【座談会参加者】
■フリージャーナリスト  猪熊弘子氏
■日本保育推進連盟副会長 大島和夫氏
■前帝京大学教育学部教授 村山祐一氏
■スペシャルゲスト
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場利用者
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会共同代表
——————–
お問い合わせのある方は、こちらまでどうぞ
kodomoaogeki@gmail.com

こどもの城

こどもの城 ※今回のイベントの開催場所とは異なります。


「第1回 カフェで語ろう!こどもの城」ご報告。

遅くなりましたが、「第1回 カフェで語ろう!こどもの城」のご報告です。

有志の会+興味を持っていただいた方たちとの、本音飛び出すざっくばらんな会合になりました。問わず語りで話しあううち、今後の方針もはっきりし、今後も続けて行こうねということになりました。

まず、今回参加いただいた方のご発言内容より、バックグラウンドをご紹介させていただき、それぞれのこどもの城の思い入れについて知っていただければと思います。

■高校時代に遊びに頻繁に通う。こどもの城で友達もたくさん出来、またプレイ事業部の方には相談に乗っていただくことも。ミュージシャンのツイートで閉館を知る。

■大人になってから、デートでこどもの城を頻繁に利用。大人であっても何時間でも楽しめる。また劇場にも足繁く通う。こどもの城は閉館しても、劇場は残ると思っていたので、劇場もなくなると聞き驚く。

■幼い頃、母に連れられて遊びに来るのがとても楽しかった。大学の専攻で、児童館の再建をテーマに卒論を制作。既得権益を理由に現場を無視した閉館決定に大きな疑問を持つ。

■他の遊園地の方が近所ではあるが、あえてこどもの城を選び、通ったのは「こどもが自主的に遊ぶ力が身に付く」から。こどもがいじめ問題に悩まされた時は小児保健部のプレイセラピーで救われる。

■元劇場勤務。青山劇場は、日本の劇場の歴史の転換点となった建築。初めて舞台機構を総コンピュータ制御にし、舞台面の全面転換を可能にした劇場。文化的価値も非常に高い。経済的な問題で、今、同じ規模の劇場を建てることはほぼ不可能。

■こどもが幼い頃難病を患った。障害もあったが、保育研究開発部で温かく、大変よくケアしてもらい、十数年経った今は自立出来るようになった。こども自身のハンディのあるなしに関わらず、こどもがこどもらしくいられる、貴重な場所。

以上、さまざまな観点から、その良さが語られました。

有志の会からは、これまでの活動内容を改めて紹介させていただいた他、皆様のお話を聞いて、今後ぜひ共に活動していかれればとの思いをお伝えしました。

今回は初めての「カフェで語ろう」でしたが、今後はさらに方向性をはっきりさせ、また時に専門家も交え、利用者だけでない視点からもこどもの城を語り合う場所に出来ればと考えております。

署名活動同様、定期的に、頻繁に、そして低価格で「カフェで語ろう!こどもの城」は続けていく予定です。ご興味のある方は是非!注目くださいね。会の者の素顔を見ると、こんなに普通の人たちが活動していたのか!とびっくりされると思います。

また署名活動のほうも、皆様のご協力のおかげで、集まるペースがどんどん早くなっています。もっともっと多くの皆さんとこどもの城、青山劇場・円形劇場について話し合い、声を大きくしていきたい。そんな思いでおります。

「カフェで語ろう」が行われた「factory」

「カフェで語ろう」が行われた「factory」


「カフェで語ろうこどもの城」開催&参加者募集のお知らせ

このたびこどもの城の利用者、そして存続を支持してくださる皆様との座談会を企画しました。

これまで色々な活動をやってまいりましたが、より一層の政府、草の根運動が必要となっています。
よろしくお願いします。

「カフェで語ろう!こどもの城、青山劇場、青山円形劇場
~そしてこどもたちの未来について」

主催:こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会

日時:8月24日(土) 16時~18時
場所:
Factory
http://factory.cr/
03-6419-7739
こどもの城から5分ほど


大きな地図で見る

参加費:1500円(参加者の飲食代-チャージ代含みます)

申込定員:15名 (先着順、応募が多数になり次第締め切ります。)

申込方法:
参加者名、人数、代表者連絡先(携帯電話)を書いて8月20日まで
kodomoaogeki@gmail.comまでお送りください。
件名は「カフェで語ろうこどもの城申込」でお願いします。

皆さんの感じるこどもの城の良さをそしてこれからのこどもの環境について、ぜひこどもも大人もみんなで語り合いましょう。皆さんの声が、こどもの城の存続につながります。お子さん連れ大歓迎、お気軽にお越しください。