Category Archives: 当会について

小池都知事に声が届き始めています!

19日の「グッディ」オンエアで始まった今週…… 20日には、都庁で開催された 「小池知事と語る東京フォーラム『女性の活躍推進~自分らしく輝ける社会を築くために~』」に、 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会代表の有泉が参加してきました。

有志の会メンバーの方から 「こんなフォーラムがありますよ! 都知事に直接訴えられるかもしれません!」 とメッセージをいただき、 早速、会のメンバーで都内在住の女性メンバーが申し込み……

ものすごい倍率だったみたいで、 他のメンバーは全員落選しましたが、 代表の有泉だけが当選しました!

そして当日…… 400名の参加者があるとのことだったので、 「直接アピールするのは難しいかな……」 と思っていたのですが……

なんと、質問タイムのトップバッターに、 小池都知事自ら 「あの女性の方がいいのでは?」と 有泉を指名していただきました!!

有泉は、緊張しながらもこどもの城の必要性をアピールし、 「ぜひ、小池都知事のお力で復活させてほしい」と訴えました。

小池都知事からは、 「質問ではなく要望ですね」との言葉があり、 会場笑。

それから、

●広尾病院こどもの城の問題については、【何も決めていない】状況です。

●あんないい場所ですから【どう活用するか考えておきたい】と思います。

●おっしゃりたいことは、【子どもがのびのびと】【みんなで楽しめる場所がほしい】ということですよね。

●こどもの城は大きい場所。一等地の中の一等地、どうするか、じっくり考えたいと思います。

との発言がありました。

(ほかに考えるべきことがたくさんありすぎるので、との発言も……)

こちらのフォーラムの様子は、下記のYouTube東京都公式チャンネルからもご覧いただけます。 (リンク) https://youtu.be/acPKV6tLmlo?t=1h15m43s ぜひご覧ください!

そして、 【流れがまだまだ続いています!】

以前から取材を受けていた フジテレビ「新報道2001」の方からご連絡いただき、 明日(25日)の放送で小池都知事が出演される際、

私たちの署名活動の様子などを流しながら、 こどもの城・広尾病院の問題も取り上げてくださるとのこと。

http://www.fujitv.co.jp/shin2001/

小池都知事はどのように発言されるのでしょうか!? 注目が集まります!

なんだか流れが来ています。

ここで、 【もっと多くの人がこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の復活を望んでいる!】 とアピールできるよう、 ネット署名の勢いをあげていけたらと思っています!

ぜひ、署名と拡散を、お願いいたします!!

https://goo.gl/CVFh6P 「広尾病院の移転計画およびこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館見直しを求めます」 15,000人突破、目標の30,000人目指してますますのご協力をお願いいたします! 【シェア・拡散大歓迎!!】


まだ、声をあげていきましょう

こどもの城の閉館までのカウントダウンも迫ってきました。
閉館後のこどもの城の行方についても、まことしやかな情報もいくつか流れてきていますが、
いずれも正式に厚労省が発表しているものではありません。
閉館後、建物の維持費が計上されているということだけが現状です。

こどもの城を手放す厚労省が、国民の意見を募集しています。
「国民の皆様の声」募集
皆で、こちらのフォームにこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の意義を伝えませんか?
少子化の今、何故、こどもの城が必要なのか。
世界的にも素晴らしい機構の舞台である劇場であること。
リニューアルオープンさせるアイデア。
是非、厚労省へ様々な思いを伝えましょう。

また、有志の会も改めてこどもの城や劇場に対する意見を募集します。
厚労省への意見と同じものでも結構です。
まとめ、厚労省、東京都庁、各方面へ皆様の意見を伝えます。

ツイッターへのリプライ、このブログのコメント欄への書き込み、ネット署名のメッセージ
どちらへの書き込みもでも構いません。
有志の会は皆様の意見をお待ちしています。
この半年も、各機関へ出向きこどもの城の有用性を伝えてきました。
更なる力をお貸しください。
一人でも多くの意見が私たちの力となります。よろしくお願いします。


【お願い】カンパをよろしくお願いします

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」です。いつも拝見くださっている方、ありがとうございます。はじめましての方は、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。

さて、わたくし共、2012年9月に「こどもの城」の閉館公式発表直後から活動を開始し、国会に提出する署名集めを始めに、セミナー主催の後学会や委員会の招聘など、さまざまな活動をさせていただいております。

2015年3月の閉館を見据え、2014年6月の国会に今までいただいた署名は全て提出いたしました。しかしその後も活動をやめた訳ではなく、地道に児童館、舞台関係者への訪問、都議会、国会議員まわりなどの活動を続けております。

その際、資料作成代、紙代など、何かと費用が必要になってまいります。これらは全てカンパで補ってきました。実のところ、表には出ていないものの地味に活動を続けている今も、費用が必要です。ほんのお気持ちで構いません。下記口座にカンパをお願いできれば、大変助かります。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

◆ゆうちょ銀行
口座番号 10040-21542841
口座名義 コドモノシロアオヤマゲキジョウアオヤマエンケイゲキジョウノソンゾクヲネガウユウシノカイ

都市銀行等から振り込む場合は、下記の番号です。
■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 008
■預金種目 普通
■店名 〇〇八 店(ゼロゼロハチ店)
■口座番号 2154284
口座名義は同じです。


自民党の調査会招聘&こどもの城に安倍昭恵夫人いらっしゃいました

ご無沙汰しています。
長きにわたり、諸事情で内々で動かなければならなかったことをお詫びしますとともに、共同代表の有泉の報告をシェアする形で、近況をご報告させていただきます。

以下……

先週(10月第3週)自民党の青少年健全育成推進調査会に招聘され
こどもの城が子供たちにとっていかに大切な場所か、青山劇場、青山円形劇場が演劇文化において類い稀な素晴らしい舞台かをお話しさせていただきました。
そして今日出席できなかった方へ資料をお渡ししたり、お礼の為議員会館をまわり、
帰りにこどもの城へ立ち寄ったところ安倍昭恵夫人がいらっしゃってました。
お話はできませんでしたが熱心に造形の作品を見入っておられました。
厚労省の手から離れたとしても残していただけるようまだまだ多方面へ働きかけてまいります
今後もご支援のほどよろしくお願いいたします

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152828377381779&set=pcb.10152828377631779&type=1&theater
友達: Momoko Yamamotoさん

こどもの城_安倍昭恵夫人


閉館計画発表から1年経ちました。

昨年、2012年9月28日にこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館計画が発表されて、すでに1年となりました。

ブログは、当会立ち上げのきっかけになった者が、飛び込んできたニュースにショックを受けて、その日の夜にいろいろネットで検索し、閉館の不当性に憤り、大人の責任として、このまま泣き寝入りしてたまるかという思いで、翌朝早くに開設しました。その発展形として当サイトがあります。

水道橋博士などの拡散の協力もあり、開設まもないブログに連日1000人前後の方の訪問がありました。

ブログで作戦会議をよびかけ、利用者、演劇関係者・愛好者が集まりました。そして、国会請願署名をスタートしました。Change.orgのみなさんのご協力でネット署名もスタートしました。署名運動の賛同人がネットを通じて次々集まりました。作戦会議に集まったみんなの努力で、著名な文化人のみなさんの賛同人も広がっていきました。テレビ、新聞をはじめメディアもとりあげました。渋谷区議会は閉館の見直し、港区議会は存続を求める決議を全会一致であげました。

国会請願署名は4万筆、ネット署名は8000筆をこえました。院内学習会をおこない、国会議員にはたらきかけ、紹介議員は、与党である自民党の議員から、民主党、みんなの党、共産党、社民党、生活の党、無所属議員まで広がっています。国会質問でも3度にわたり取り上げられました。

しかし、閉館の事態は変わっていません。

このままいけばあと1年半でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場は閉館となってしまいます。まだ30年以上使える建物であるにもかかわらず、取り壊されてしまいます。厚生労働省の調査でも大規模改修せずともあと10年は使えるのに、大規模改修費用を口実にあと1年半で閉館にされてしまいます。

閉館計画をくつがえすために、もっと大きな世論をつくりましょう。もっとたくさん署名を集めましょう。いっそうのご協力を心からお願いします。

さて、話は変わりますが、先日、東京のオリンピック招致が決まりました。オリンピック憲章には「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければなら」ないとあります。そして猪瀬知事は、「スポーツをする人をもっと増やす」といっています。国の統計によると、東京は、全国の中でもっとも人口あたりの地域の体育施設が少ない都道府県のひとつです。

こどもの城には、体育館があり、プールがあります。運動が苦手な子がスポーツが好きになるプログラムも開発してきました。こどもの城から誕生した「スポーツ鬼ごっこ」は、オリンピックの公開競技をめざしていると報じられていました。

こどもの城の閉館は、オリンピック精神にも反しまます。オリンピックが東京にきまった今、政府関係者も自治体関係者も、こどもの城の閉館を再考すべきでしょう。


「第1回 カフェで語ろう!こどもの城」ご報告。

遅くなりましたが、「第1回 カフェで語ろう!こどもの城」のご報告です。

有志の会+興味を持っていただいた方たちとの、本音飛び出すざっくばらんな会合になりました。問わず語りで話しあううち、今後の方針もはっきりし、今後も続けて行こうねということになりました。

まず、今回参加いただいた方のご発言内容より、バックグラウンドをご紹介させていただき、それぞれのこどもの城の思い入れについて知っていただければと思います。

■高校時代に遊びに頻繁に通う。こどもの城で友達もたくさん出来、またプレイ事業部の方には相談に乗っていただくことも。ミュージシャンのツイートで閉館を知る。

■大人になってから、デートでこどもの城を頻繁に利用。大人であっても何時間でも楽しめる。また劇場にも足繁く通う。こどもの城は閉館しても、劇場は残ると思っていたので、劇場もなくなると聞き驚く。

■幼い頃、母に連れられて遊びに来るのがとても楽しかった。大学の専攻で、児童館の再建をテーマに卒論を制作。既得権益を理由に現場を無視した閉館決定に大きな疑問を持つ。

■他の遊園地の方が近所ではあるが、あえてこどもの城を選び、通ったのは「こどもが自主的に遊ぶ力が身に付く」から。こどもがいじめ問題に悩まされた時は小児保健部のプレイセラピーで救われる。

■元劇場勤務。青山劇場は、日本の劇場の歴史の転換点となった建築。初めて舞台機構を総コンピュータ制御にし、舞台面の全面転換を可能にした劇場。文化的価値も非常に高い。経済的な問題で、今、同じ規模の劇場を建てることはほぼ不可能。

■こどもが幼い頃難病を患った。障害もあったが、保育研究開発部で温かく、大変よくケアしてもらい、十数年経った今は自立出来るようになった。こども自身のハンディのあるなしに関わらず、こどもがこどもらしくいられる、貴重な場所。

以上、さまざまな観点から、その良さが語られました。

有志の会からは、これまでの活動内容を改めて紹介させていただいた他、皆様のお話を聞いて、今後ぜひ共に活動していかれればとの思いをお伝えしました。

今回は初めての「カフェで語ろう」でしたが、今後はさらに方向性をはっきりさせ、また時に専門家も交え、利用者だけでない視点からもこどもの城を語り合う場所に出来ればと考えております。

署名活動同様、定期的に、頻繁に、そして低価格で「カフェで語ろう!こどもの城」は続けていく予定です。ご興味のある方は是非!注目くださいね。会の者の素顔を見ると、こんなに普通の人たちが活動していたのか!とびっくりされると思います。

また署名活動のほうも、皆様のご協力のおかげで、集まるペースがどんどん早くなっています。もっともっと多くの皆さんとこどもの城、青山劇場・円形劇場について話し合い、声を大きくしていきたい。そんな思いでおります。

「カフェで語ろう」が行われた「factory」

「カフェで語ろう」が行われた「factory」


「カフェで語ろうこどもの城」開催&参加者募集のお知らせ

このたびこどもの城の利用者、そして存続を支持してくださる皆様との座談会を企画しました。

これまで色々な活動をやってまいりましたが、より一層の政府、草の根運動が必要となっています。
よろしくお願いします。

「カフェで語ろう!こどもの城、青山劇場、青山円形劇場
~そしてこどもたちの未来について」

主催:こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会

日時:8月24日(土) 16時~18時
場所:
Factory
http://factory.cr/
03-6419-7739
こどもの城から5分ほど


大きな地図で見る

参加費:1500円(参加者の飲食代-チャージ代含みます)

申込定員:15名 (先着順、応募が多数になり次第締め切ります。)

申込方法:
参加者名、人数、代表者連絡先(携帯電話)を書いて8月20日まで
kodomoaogeki@gmail.comまでお送りください。
件名は「カフェで語ろうこどもの城申込」でお願いします。

皆さんの感じるこどもの城の良さをそしてこれからのこどもの環境について、ぜひこどもも大人もみんなで語り合いましょう。皆さんの声が、こどもの城の存続につながります。お子さん連れ大歓迎、お気軽にお越しください。


お手伝いいただける方、大募集!

今日、こどもの城の街頭署名にとりくみ、116筆が集まりました。これで国会請願署名は、20762筆になりました。またこれ以外に内閣宛のネット署名は約6200筆よせられています。

今日は、署名をやっていても暖かく、秋にはじめたこの活動も、寒い冬をこえ、もう半年もたったんだと気づかされました。

さて、署名後は、政府や政治家を説得するためのデータづくりのために、児童館アンケートの発送準備作業として宛名書きをやりました。同時並行で、院内学習会をはじめ、各種方面へのはたらきかけの準備をすすめています。

これから半年が勝負だと思っています。

そこで、みなさんへのお願いです。いろいろな作業を手伝って頂ける方を大募集しています。家でできる調べものから、集まっておこなう作業までこれからいろいろでてくると思います。

フェイスブック上に、「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」の会議室があります。
この会議室上で、随時相談しながら、やることも分担してすすめています。よろしければぜひ、ご参加ください!

こちらから

「グループに参加する」をクリックお願いいたします。


カンパの口座を開設しました

カンパの口座を開設しました。署名の印刷や署名のお願いを郵送するときなどに使います。ご協力いただける方はよろしくお願いします。

◆ゆうちょ銀行 
口座番号 10040-21542841
口座名義 コドモノシロアオヤマゲキジョウアオヤマエンケイゲキジョウノソンゾクヲネガウユウシノカイ

都市銀行等から振り込む場合は、下記の番号です。
■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 008
■預金種目 普通
■店名 〇〇八 店(ゼロゼロハチ店)
■口座番号 2154284
口座名義は同じです。

※総合口座(振替口座ではない)なので、郵便局の窓口においてある振込用紙による現金での振り込みはできません。振込み希望者にゆうちょ銀行口座があれば、そこからの送金の場合、手数料無料です。都市銀行等の口座からの送金ならその銀行の決めた他行あての振込み手数料がかかります。


1時間で521筆もの署名!署名の集約日は1月31日に変更

今日はこどもの城前で2回目の街頭署名にとりくみました。準備で30分近く前に行くと、ベビーカー連れの方が「署名の方ですか?」と声をかけてきて、「ツイッターで知ったんです」と署名をしてくれました。定刻の前から、 こどもの城でバイトをしていたという方、こどもの時によくこどもの城で遊んでいたという方など、前回の署名にはこられなかった方もつぎつぎみえました。さらに、アニーの子役で青山劇場の初舞台を踏んだという方も、アニー出演をめざす高校生も署名集めに参加。

利用者はもちろんのこと、 ご近所のみさんも「ここで子育てしたのよ」、小学生の子どもたちも「絶対なくさないで」 と次々署名に応じてくれました。偶然、私の大学時代の友人も子ども連れてこどもの城にきたので署名をしていただきました。

約1時間、総勢24名で、署名にとりくみ、521筆の署名がよせられました。天気がよかったこともありますが、集める側も増えたので、前回の2倍の署名が集まりました。

また、これ以外にこの日に届けられた署名は575筆、そしてこれまでに約3000筆の国会請願署名がよせられており、国会請願署名は約4000筆となっています。

change.orgでのネット署名は4300筆。宛先が違うので、両方して頂いている方もいますが、合計で8000筆をこえました。

明日の東京新聞に掲載予定。また、テレビは今週の放映を予定されています。

さて、署名終了後に行った作戦会議で決まったことを報告します。
国会解散により、選挙後に大臣も内閣も変わる可能性があります。国会議員も変わります。当面の一カ月は、

●世論を思い切って広げること
●疑問点についての調査や存続にむけた資料づくり

 に力を入れることにしました。

(1)国会が解散になったので、国会請願署名は1月召集の通常国会に提出します。
第一次集約日を1月31日に変更します。
選挙後の12月下旬以降に、国会要請をふたたびおこないます。

(2)こどもの城前での街頭署名の計画
12月 4日(火)13時〜
12月15日(土)15時30分〜
12月23日(日)12時30分〜
ぜひ、ご参加ください。

(3)劇団など利用団体へ署名のお願いをします。
よろしくお願いします。

(4)都知事選の出馬予定者に公開質問状をだします。すべての候補者に、こどもの城の存続に向けて努力する立場を表明していただくことが目標です。
衆議院選挙でも各候補の公約になるよう、ぜひ、お知り合いの出馬予定の方に働きかけて下さい。 

(5)署名用紙代などの確保のためにカンパの口座を開設します
口座が開設されたらまた、ご案内します。

(6)有志の会の代表と事務局長、会計を決め、役割分担をしました。