Category Archives: マスコミ

小池都知事に声が届き始めています!

19日の「グッディ」オンエアで始まった今週…… 20日には、都庁で開催された 「小池知事と語る東京フォーラム『女性の活躍推進~自分らしく輝ける社会を築くために~』」に、 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会代表の有泉が参加してきました。

有志の会メンバーの方から 「こんなフォーラムがありますよ! 都知事に直接訴えられるかもしれません!」 とメッセージをいただき、 早速、会のメンバーで都内在住の女性メンバーが申し込み……

ものすごい倍率だったみたいで、 他のメンバーは全員落選しましたが、 代表の有泉だけが当選しました!

そして当日…… 400名の参加者があるとのことだったので、 「直接アピールするのは難しいかな……」 と思っていたのですが……

なんと、質問タイムのトップバッターに、 小池都知事自ら 「あの女性の方がいいのでは?」と 有泉を指名していただきました!!

有泉は、緊張しながらもこどもの城の必要性をアピールし、 「ぜひ、小池都知事のお力で復活させてほしい」と訴えました。

小池都知事からは、 「質問ではなく要望ですね」との言葉があり、 会場笑。

それから、

●広尾病院こどもの城の問題については、【何も決めていない】状況です。

●あんないい場所ですから【どう活用するか考えておきたい】と思います。

●おっしゃりたいことは、【子どもがのびのびと】【みんなで楽しめる場所がほしい】ということですよね。

●こどもの城は大きい場所。一等地の中の一等地、どうするか、じっくり考えたいと思います。

との発言がありました。

(ほかに考えるべきことがたくさんありすぎるので、との発言も……)

こちらのフォーラムの様子は、下記のYouTube東京都公式チャンネルからもご覧いただけます。 (リンク) https://youtu.be/acPKV6tLmlo?t=1h15m43s ぜひご覧ください!

そして、 【流れがまだまだ続いています!】

以前から取材を受けていた フジテレビ「新報道2001」の方からご連絡いただき、 明日(25日)の放送で小池都知事が出演される際、

私たちの署名活動の様子などを流しながら、 こどもの城・広尾病院の問題も取り上げてくださるとのこと。

http://www.fujitv.co.jp/shin2001/

小池都知事はどのように発言されるのでしょうか!? 注目が集まります!

なんだか流れが来ています。

ここで、 【もっと多くの人がこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の復活を望んでいる!】 とアピールできるよう、 ネット署名の勢いをあげていけたらと思っています!

ぜひ、署名と拡散を、お願いいたします!!

https://goo.gl/CVFh6P 「広尾病院の移転計画およびこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館見直しを求めます」 15,000人突破、目標の30,000人目指してますますのご協力をお願いいたします! 【シェア・拡散大歓迎!!】


閉館を惜しむ声続く

今日、明日でこどもの城は閉館してしまいます。
それを受け、連日各メディアでこどもの城閉館を報じています。
いくつかネットで見つけた記事の紹介です。

女性自身 2/3号「僕にとっては青春」少年隊が振り返る舞台「PLAYZONE」

AERAネット記事 青山劇場が閉館 あの俳優も疑問の声

読売新聞1/28 さよなら青山2つの劇場

TheJapanTimes january30

47ニュース1/30 青山の2つの劇場、閉館へ

福祉新聞 こどもの城2月1日に閉館 30年の歴史に幕

その他、テレビのニュースの中でも取り上げられています。

こどもの城、劇場どちらも世界に誇れる施設であり、多くの方から支持されている施設です。
今一度考えてみませんか?
本当にこどもの城は役割を終えたのでしょうか?
少子化の日本、子どもは少なくなるばかりだから、子どものための施設はいらない?
そうでしょうか?
新しい劇場もオープンしているから、そこでお芝居観られるよ。
青山劇場ほどの装置で迫力のある世界を再現する劇場は多くありません。
小劇場はたくさんありますが、円形劇場のような不思議な空間はなかなか見かけません。

閉館=取り壊しではありません。
まだ建物は残っています。何とかこどもの城を復活させるため、各方面への働きかけは続いています。
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を復活させるため、皆さんの意見を募集しています。
ツイッターへのリプライ、このブログへのコメント、Facebookへのコメント等へ
是非ご意見をお寄せください。
有志の会でまとめて各機関へ伝えていきます。


閉館まで、あと1週間

青山円形劇場、青山劇場は最終公演を終え、こどもの城、子ども活動エリアの終了もあと1週間と迫ってきました。
そうした関係で、各新聞社でもこどもの城閉館に関する記事が掲載されています。
朝日新聞
1/23 さよなら「こどもの城」:上
1/24 さよなら「こどもの城」:下

東京新聞
1/24 渋谷・こどもの城 1日で閉館

どちらの新聞も閉館を惜しむ声とともに、こどもの城の役割が改めて示された記事となっています。
少子化、貧困、子育ての困難さ、親子関係の複雑化など、こどもを取り巻く状況が悪化している今こそ、子どもたち、子育て世代や、そこから成長した人々が集い、これからのこどもの環境や芸術文化について
話し合っていく場として、こどもの城の存在意義は充分にあるはずです。
国の手を離れても存続の手立てはあるはずです。

厚労省としては一旦こどもの城を閉館してしまいますが、
まだ取り壊しは決定されていません
来年度の予算には閉館後も建物を維持するための費用が計上されています。

私たち有志の会は、単に署名を提出しただけでなく、その後も各方面への働きかけを続けています。
まだ、こどもの城は終わりではありません。
なんとか再生させる糸口を見つけて、存続させていこうではありませんか!


4月15日付朝日新聞「記者有論」でとりあげられました

10264621_837214892960238_8463262955399549520_n.jpg

(記者有論)こどもの城閉館 育んだ劇場文化を絶やすな 吉田純子:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/DA3S11084502.html

2014年4月15日付の朝日新聞朝刊、「記者有論」に劇場文化の重要性という観点から同紙吉田純子編集委員の論評が載りました!大変励まされる記事です。

朝日新聞にはこれまでに子育て支援の場を減らしていくことに反対する立場からの意見や、こどもが生き生き遊べる場を守るべきとの意見が掲載されていますから、これらをまとめて紹介するだけでもこどもの城の多面的な役割の一端が多くのひとに理解してもらえるのではないかと思います。

劇場文化は一朝一夕に醸成されるものではありません。昨年12月の日本文化政策学会の特別フォーラムでも高野さんや石井先生が指摘したように、演劇や舞踊、映像などすべてのジャンルの芸術家や関係者、評論家、愛好家がこどもの城閉館に反対しているのはそのためなのです。

こんなにも多くの演出家や振付師、表現者や観客に愛され、文化の創造・発信・交流の場ともなってきた施設の、今後のいっそうの発展と、劇場法の理念が尊重されることをねがってやみません。


「サンデー毎日」の対談記事

「サンデー毎日」12月29日号の住吉美紀の熱烈対談に、青山円形劇場で「ア・ラ・カルト」を公演中の、女優・劇作家・演出家の高泉淳子さんが登場。5ページにわたる対談の中で、こどもの城の閉館の不当性を語っていますので紹介します。

住吉 それにしても、この「こどもの城/青山円形劇場」が閉館というのはさみしいですね。

高泉 こんないい場所にね、子どもたちが集まれる場所があるって、これは本当に東京の宝だと思います。少ないお金で歌える場があって、楽器を習えたり、絵を描けたりできるんですよ。音響も新しいのを入れたばかりだし、耐震工事もやった。結局、〝お上の事情〟なんですよ。

住吉 老朽化なのかと思っていました。

高泉 「児童館としての役割を終えた」と。それが最近出てきた理由です。その前は老朽化が理由だったのに‥‥‥。

住吉 でも、私としては30年、35年と続けてほしい。

高泉 レストランからもお声を掛けていただいたり。これを機会に、そういうこともできるように、もっと自由自在に動けるような作品になっていったらと思っています。だからファイナルではなく、アニバーサリーなんです!

IMG_3147

 
サンデー毎日2013年12月29日号(クリックするとサンデー毎日サイトに飛びます)


閉館計画発表から1年経ちました。

昨年、2012年9月28日にこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館計画が発表されて、すでに1年となりました。

ブログは、当会立ち上げのきっかけになった者が、飛び込んできたニュースにショックを受けて、その日の夜にいろいろネットで検索し、閉館の不当性に憤り、大人の責任として、このまま泣き寝入りしてたまるかという思いで、翌朝早くに開設しました。その発展形として当サイトがあります。

水道橋博士などの拡散の協力もあり、開設まもないブログに連日1000人前後の方の訪問がありました。

ブログで作戦会議をよびかけ、利用者、演劇関係者・愛好者が集まりました。そして、国会請願署名をスタートしました。Change.orgのみなさんのご協力でネット署名もスタートしました。署名運動の賛同人がネットを通じて次々集まりました。作戦会議に集まったみんなの努力で、著名な文化人のみなさんの賛同人も広がっていきました。テレビ、新聞をはじめメディアもとりあげました。渋谷区議会は閉館の見直し、港区議会は存続を求める決議を全会一致であげました。

国会請願署名は4万筆、ネット署名は8000筆をこえました。院内学習会をおこない、国会議員にはたらきかけ、紹介議員は、与党である自民党の議員から、民主党、みんなの党、共産党、社民党、生活の党、無所属議員まで広がっています。国会質問でも3度にわたり取り上げられました。

しかし、閉館の事態は変わっていません。

このままいけばあと1年半でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場は閉館となってしまいます。まだ30年以上使える建物であるにもかかわらず、取り壊されてしまいます。厚生労働省の調査でも大規模改修せずともあと10年は使えるのに、大規模改修費用を口実にあと1年半で閉館にされてしまいます。

閉館計画をくつがえすために、もっと大きな世論をつくりましょう。もっとたくさん署名を集めましょう。いっそうのご協力を心からお願いします。

さて、話は変わりますが、先日、東京のオリンピック招致が決まりました。オリンピック憲章には「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければなら」ないとあります。そして猪瀬知事は、「スポーツをする人をもっと増やす」といっています。国の統計によると、東京は、全国の中でもっとも人口あたりの地域の体育施設が少ない都道府県のひとつです。

こどもの城には、体育館があり、プールがあります。運動が苦手な子がスポーツが好きになるプログラムも開発してきました。こどもの城から誕生した「スポーツ鬼ごっこ」は、オリンピックの公開競技をめざしていると報じられていました。

こどもの城の閉館は、オリンピック精神にも反しまます。オリンピックが東京にきまった今、政府関係者も自治体関係者も、こどもの城の閉館を再考すべきでしょう。


堀潤さんの著書に取り上げられました

当会も何度かマスコミに登場しましたが、転機のひとつは、 ジャーナリスト堀潤さんとの出会いです。堀潤さんは最近本を二冊出版され、そのいずれにも、こどもの城問題のことを取り上げていただきました。

当会の名称が明確に出てくる訳ではありませんが、堀潤さんが立ち上げ育てていこうとする市民メディア、8bitNewsに市民(当会)が映像を投稿したこと、市民自らが声を上げていこうとしていることの代表例として取り上げていただいております。

堀潤さんの著書は、「僕らのニュースルーム革命」「僕がメディアで伝えたいこと」の二冊。

それぞれの当該ページの掲載許可をいただきましたので、ご覧くださいませ。

「僕らのニュースルーム革命」
http://amzn.to/14IIF1K

「僕がメディアで伝えたいこと」
http://amzn.to/14IILX9

「僕らのニュースルーム革命」は、幻冬舎から。今の日本のメディアが抱える問題、そして未来のメディアはどうなるのか?ということが主題です。

「僕がメディアで伝えたいこと」は、講談社から。今までNHKでなにを学び、なにをしてきたのか?結果、今どうなっているのか?ということが主題です。

いずれにしろ、堀潤さんの根幹を貫くのは、市民の声を伝えるということ。その手段として8bitNews(10月下旬リニューアル予定)があり、リニューアル前の8bitNewsにも当会は映像を投稿し、こういうことをしています、と草の根からお伝えしていたわけです。

こういった市民の上げる声を丁寧に追ってくださるメディア人の方はそう多くはなく、今まで取り上げてくださったメディアの皆様方にももちろん感謝は申し上げますが、一過性のものになってしまったものがあることも否めないのが事実です。

そんな中、堀潤さんは、堀潤さん自身でも独自取材をしていただいているなど、ずっと継続的にこどもの城問題のことを気にかけてくださっています。改めて感謝申し上げます。

堀潤さん著書

堀潤さんの著書でこどもの城問題に触れたページ

堀潤さん著書カバー

堀潤さん著書カバー


「噂の!東京マガジン」に、こどもの城問題が取り上げられます

直前のお知らせで申し訳ございません!

明日お昼にTBSで放映される「噂の!東京マガジン」に、こどもの城閉館問題が取り上げられます。

当会が行っている署名の模様や、会のメンバーの声、また署名いただいた方の声など、取り上げられる予定です。とても丁寧に取材していただいたので、こちらとしても楽しみにしております。

ただ楽しみにするだけでなく、こうして「こどもの城が閉館してしまう、なぜ?」という問題意識がもっともっと広がってほしいと願います。

明日のお昼、13:00からです。お楽しみにー。
https://twitter.com/tokyomagazine/status/375568161346580481

追記;
当日の放送内容を比較的詳しく掲載したページがあったのでご紹介します。(⇒価格.com – 「噂の!東京マガジン」2013年9月8日(日)放送内容 | テレビ紹介情報

「こどもの城」が閉館する事を受けて、「指導してくれる指揮官を失ってしまう」という町田市の児童館へのインタビューや、地元商店街の声、渋谷区が運営の移管受け入れに前向きであることなどが紹介されました。


専門誌「建築ジャーナル9月号」に取り上げられました。

建築ジャーナル9月号に取り上げられました。
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を訴える「有志の会」の有泉共同代表や会のメンバーのインタビューがたっぷり掲載されています。

編集者の了解を得てアップしました。
ぜひ、ご覧ください。
※クリックすると大きくなります

建築ジャーナル

建築ジャーナル

本そのものをお求めの場合は、こちらの通販までどうぞ。
http://www.kj-web.or.jp/

建築ジャーナルさん、ありがとうございました!


堀潤ニコ生「ネルマエニュース」に取り上げられます

市民目線での報道を大切にしてくださるジャーナリスト、堀潤さん。毎晩24:00からニコ生「ネルマエニュース」を配信しています。

今夜、8/5(月)24:00よりの配信で、こどもの城問題を取り上げて下さる予定です。
https://twitter.com/8bit_HORIJUN/status/364277297114660864

堀さんならではの視点で、こどもの城の閉館問題をどう報じていただけるのか?興味のある方は是非ご覧ください。

夜遅くて見られないよ!という方は、タイムシフト(時間帯をずらして録画で見る)も可能です。

堀さんのニコニコチャンネル(公式生放送)のサイトはこちらになります。
ニコニコ動画の会員であることが必要です。
堀潤「発信は誰にも止められない」

※ニコニコ動画の会員には無料、有料あります。有料だと画質が綺麗、生放送から弾かれにくいなどの特徴があります。

※また、堀さんのニコニコチャンネルも本来は有料です。ネルマエニュースは無料枠があるので、途中までは見られますが、話題に一段落付くと有料に切り替わります。途中から有料会員に入会することも可能です。

堀さんのニコニコチャンネルはこちらとなります。
堀潤「発信は誰にも止められない」
左上にあります「生放送」のリンクをクリックしてください。
配信画面に移ります。

会の者もどのように報道されるのか、ドキドキしながら見守っております。

ツイッター、8bitNews、ハフィントン・ポストと機会を見つけてはこの問題を取り上げてくださってきた堀潤さん。今回報道されることで機運がどのように変わっていくのでしょうか。

堀潤「発信は誰にも止められない」