Category Archives: 都議会の動き

小池都知事に声が届き始めています!

19日の「グッディ」オンエアで始まった今週…… 20日には、都庁で開催された 「小池知事と語る東京フォーラム『女性の活躍推進~自分らしく輝ける社会を築くために~』」に、 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会代表の有泉が参加してきました。

有志の会メンバーの方から 「こんなフォーラムがありますよ! 都知事に直接訴えられるかもしれません!」 とメッセージをいただき、 早速、会のメンバーで都内在住の女性メンバーが申し込み……

ものすごい倍率だったみたいで、 他のメンバーは全員落選しましたが、 代表の有泉だけが当選しました!

そして当日…… 400名の参加者があるとのことだったので、 「直接アピールするのは難しいかな……」 と思っていたのですが……

なんと、質問タイムのトップバッターに、 小池都知事自ら 「あの女性の方がいいのでは?」と 有泉を指名していただきました!!

有泉は、緊張しながらもこどもの城の必要性をアピールし、 「ぜひ、小池都知事のお力で復活させてほしい」と訴えました。

小池都知事からは、 「質問ではなく要望ですね」との言葉があり、 会場笑。

それから、

●広尾病院こどもの城の問題については、【何も決めていない】状況です。

●あんないい場所ですから【どう活用するか考えておきたい】と思います。

●おっしゃりたいことは、【子どもがのびのびと】【みんなで楽しめる場所がほしい】ということですよね。

●こどもの城は大きい場所。一等地の中の一等地、どうするか、じっくり考えたいと思います。

との発言がありました。

(ほかに考えるべきことがたくさんありすぎるので、との発言も……)

こちらのフォーラムの様子は、下記のYouTube東京都公式チャンネルからもご覧いただけます。 (リンク) https://youtu.be/acPKV6tLmlo?t=1h15m43s ぜひご覧ください!

そして、 【流れがまだまだ続いています!】

以前から取材を受けていた フジテレビ「新報道2001」の方からご連絡いただき、 明日(25日)の放送で小池都知事が出演される際、

私たちの署名活動の様子などを流しながら、 こどもの城・広尾病院の問題も取り上げてくださるとのこと。

http://www.fujitv.co.jp/shin2001/

小池都知事はどのように発言されるのでしょうか!? 注目が集まります!

なんだか流れが来ています。

ここで、 【もっと多くの人がこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の復活を望んでいる!】 とアピールできるよう、 ネット署名の勢いをあげていけたらと思っています!

ぜひ、署名と拡散を、お願いいたします!!

https://goo.gl/CVFh6P 「広尾病院の移転計画およびこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館見直しを求めます」 15,000人突破、目標の30,000人目指してますますのご協力をお願いいたします! 【シェア・拡散大歓迎!!】


閉館計画発表から1年経ちました。

昨年、2012年9月28日にこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館計画が発表されて、すでに1年となりました。

ブログは、当会立ち上げのきっかけになった者が、飛び込んできたニュースにショックを受けて、その日の夜にいろいろネットで検索し、閉館の不当性に憤り、大人の責任として、このまま泣き寝入りしてたまるかという思いで、翌朝早くに開設しました。その発展形として当サイトがあります。

水道橋博士などの拡散の協力もあり、開設まもないブログに連日1000人前後の方の訪問がありました。

ブログで作戦会議をよびかけ、利用者、演劇関係者・愛好者が集まりました。そして、国会請願署名をスタートしました。Change.orgのみなさんのご協力でネット署名もスタートしました。署名運動の賛同人がネットを通じて次々集まりました。作戦会議に集まったみんなの努力で、著名な文化人のみなさんの賛同人も広がっていきました。テレビ、新聞をはじめメディアもとりあげました。渋谷区議会は閉館の見直し、港区議会は存続を求める決議を全会一致であげました。

国会請願署名は4万筆、ネット署名は8000筆をこえました。院内学習会をおこない、国会議員にはたらきかけ、紹介議員は、与党である自民党の議員から、民主党、みんなの党、共産党、社民党、生活の党、無所属議員まで広がっています。国会質問でも3度にわたり取り上げられました。

しかし、閉館の事態は変わっていません。

このままいけばあと1年半でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場は閉館となってしまいます。まだ30年以上使える建物であるにもかかわらず、取り壊されてしまいます。厚生労働省の調査でも大規模改修せずともあと10年は使えるのに、大規模改修費用を口実にあと1年半で閉館にされてしまいます。

閉館計画をくつがえすために、もっと大きな世論をつくりましょう。もっとたくさん署名を集めましょう。いっそうのご協力を心からお願いします。

さて、話は変わりますが、先日、東京のオリンピック招致が決まりました。オリンピック憲章には「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければなら」ないとあります。そして猪瀬知事は、「スポーツをする人をもっと増やす」といっています。国の統計によると、東京は、全国の中でもっとも人口あたりの地域の体育施設が少ない都道府県のひとつです。

こどもの城には、体育館があり、プールがあります。運動が苦手な子がスポーツが好きになるプログラムも開発してきました。こどもの城から誕生した「スポーツ鬼ごっこ」は、オリンピックの公開競技をめざしていると報じられていました。

こどもの城の閉館は、オリンピック精神にも反しまます。オリンピックが東京にきまった今、政府関係者も自治体関係者も、こどもの城の閉館を再考すべきでしょう。


都議会に陳情をだしました

今日、東京都議会に、渋谷区や港区の議会ように、国に対して、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を求める意見書をだしてほしいという陳情を提出してきました。無事に受理されました。受付の職員の方もフランクな感じの方でよかったです。

区市町村の議会に比べると、都議会の陳情は、受付から議論されるまでに間があります。

本当は今おこなっている都議会でと思ったのですが、そのためにはなんと昨年の12月に提出していなければならないという仕組みになっています。

3月28日の今議会最終日にどの委員会に付託されるかが決まります。

そして、5月下旬頃に委員会で議論される予定です。

都議会議員のみなさんよろしくお願いします。

さて、国会請願署名の方は、昨日までで2万3035筆だと集約担当の方からの報告がありました。