Category Archives: 各界の反応

こどもの城・青山劇場閉館は再開発目的?

乗越たかおさんのブログでこどもの城の裏に広大な空き地が広がっていることを知りました。突然の閉館発表の裏事情は「再開発」ではないかといろんな方が指摘しています。そこで少し調べてみました。

こどもの城の裏にある空き地は、東京都職員共済組合が運営していた青山病院の跡地です。2008年3月に廃院となりました。所有者は東京都です。土地の広さは約1.7ヘクタール。こどもの城・青山劇場の敷地が9900㎡ですから2倍近い広さがあります。

この跡地計画はどうなっているのでしょうか?

現地に行くと、「住宅展示用地として一時的に貸し付けをおこなう予定」という張り紙がしてありました。その後はどうなるのでしょうか?

東京都都市整備局のHPを見ると、この都有地は、昨年2月に、都市再生ステップアップ・プロジェクトの対象となっています。そして、昨年3月に「渋谷地区ステップアップ・ガイドライン」が発表されています。

冒頭に、「都市再生ステップアップ・プロジェクトは、都有施設の移転・更新等を契機に、複数都誘致の有効活用をおこなうことで、周辺開発の誘発を図る事業である。事業推進に当たっては、地区ごの特徴や課題に対応した誘導目標を設定し、民間の資金力やノウハウを活用したプロジェクトを展開し、周辺のまちづくりの起爆剤としての役割を担うなど、活力と魅力ある東京の実現に向けた都市再生の推進を図るものである」とあります。

具体的には、渋谷地区では、青山病院跡地(1.7ha)、宮下町アパート跡地(0.5ha)、東京都児童会館(0.4ha)の3カ所の都有地を有効活用し、”周辺開発の誘発を図る”とされています。

渋谷ステップアップ・ガイドラインの範囲を見ると、 明治通り、宮益坂、青山通り、表参道に囲まれた約50ヘクタールの範囲となっています。

3つの都有地はもちろんのこと、こどもの城・青山劇場もその範囲に入っています。

どんな開発をするのか?目標のページには、「渋谷・青山・原宿を結ぶ人の流れを創出し、生活文化やファッション産業等の発信拠点を形成」という大見出しがついています。

そして、都有地の誘導目標として次の3つがあげられています。

①ファッション・デザイン等産業、クリエイターの育成・交流・発信施設
②クリエイターなどが魅力を感じる居住空間や、生活を支える商業等の複合施設
③みどりを連ねた開放的な空間や、店舗などの集客施設

3つの都有地のうち、第一弾として、宮下町アパート跡地の再開発が決まり、事業者は公募で東急電鉄を中心とする企業グループになっています。2015年度に地下2階・地上18階建ての複合施設(商業施設、賃貸住宅・地域貢献施設)ができる予定です。ちなみに事業予定は70年間とされており、こどもの城・青山劇場がたった27年間で閉館される異常さを改めて感じます。

残る二つの都有地については、まだ表になっている計画はないようです。

この渋谷ステップアップ・ガイドラインが作られたのは昨年ですので、こどもの城・青山劇場はあることが前提でつくられおり、まちづくりに活用できる地域資源として「こどもの城」もあげられています。

しかし、先月発表されたこどもの城・青山劇場の閉館で、一体の再開発という可能性もあるでしょう。奥まった青山病院跡地は、こどもの城敷地と一体になると、青山通りに面した超一等地になります。ディベロッパーにはうまい話かもしれません。

かりに、うわさで流れているように、隠密に再開発計画があって、それに合わせて、こどもの城・青山劇場の閉館という話になったのだとしたら、これほど利用者・愛用者を馬鹿にした話はありません。

まだまだ使える国民の財産であり、子育てのよりどころであり、文化の発信拠点であるこどもの城・青山劇場・青山円形劇場の閉館は撤回すべきです。

次回の作戦会議は10月13日(土)午後2時30分~ こどもの城前こどもの樹集合です。

渋谷ステップアップ・ガイドラインの対象地域


今日もよせられた意見を紹介します

今日もよせられたメールを抜粋して紹介します。 

「こどもの城閉館のニュースで、生まれて初めて、厚労省に反対意見メールしました。なんたって、新聞記事の老朽化も、役割が終えただの児童館やキッザニア等でできるだの、まったく利用者無視ですし、30年間でのスタッフの質、経験、知識という宝物を解散させるということに、大反対です。ここをみつけて安心しました。夏のキャンプや、夏季教室、キッズクラブと、まわりにないから、城なんです。」

「こどもの城の良さはソフト、つまりスタッフやボランティアの方々の作るプログラムにあると思っています。うちの子供達もダンボールなどで作った手作り感いっぱいのゲームに何時間も夢中で遊んでいました。こどもの城で培われた子供のための遊びプログラムの蓄積は何者にも代え難いと思います。

また、こどもの城のキャンプにも参加させていただいています。こどもの城のキャンプは入念に準備され、ひとりひとりの子供たちを大切にする本当に良いキャンプです。目に見える成果はわかりにくいかもしれませんが、子供たちの心に大切なものをたくさん与えてくれています。」

このブログをチェックしている厚生労働省の担当課のみなさんも、ぜひ、新しい大臣にこうした声が次々あがっていることを伝えてほしいと思います。

わが家の娘は、今日は、こどもの城の人形劇をきゃっきゃきゃっきゃ見て、城前でダンスに見いっていたそうです。家に帰ってきていっしょに少し踊りました。

厚労省の電話→ 03(3595)2505  雇用均等・児童家庭局育成環境課
課長 杉上春彦、課長補佐 鈴木健吾、室長補佐 久保倉修

厚労省へのメール先 → 「国民の皆様の声」募集
送信フォーム → https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html


こどもの城、青山劇場~それぞれの思い

毎日メールがとどいています。こどもの城がそれぞれの人、それぞれの家族にとってどれほど大切なものなのか、感じ入っています。多くの人にも読んでもらいたいと思い、メールの一部を抜粋して紹介します。

赤ちゃんの頃からこどもの城で育って来たという方は、
「先のニュースを聞いて喪失感でいっぱいの1週間でした。幼稚園として、保育に通い、別々の小学校に進む子どもたちは、修了式で「・・・ここにくればあえる、ここにくればあそべる、いつまでも、いつまでもわすれないよ・・・」と歌います。いじめの問題ひとつとっても、子どもたちにとって、学校以外に居場所があるということは、とても大切なことではないでしょうか?閉館をくつがえすべく、協力させていただきたい」

お子さんとこどもの城キャンプに参加されているお父さんは、
「一人っ子ゆえ、同年代の子ども同士、深い交流ができる貴重な機会を与えていただき、こどもの城のスタッフのかたがたには頭が上がりません。今回の閉館の知らせに家族一同、大きく驚き、同時に強い憤りを感じています。…声をあげていくお手伝いができればと思っています。」

ミュージカルの観劇に青山劇場に毎年何度も観劇に行かれている方は、
「豪華な装置やせりあがってくる階段でのタップなど、青山劇場だからこその
シーンが多々あります。あんな素敵な劇場、なぜつぶされるのか、納得できません。
なんとか存続してほしいと願っています。」

スクールカウンセラーの方からはツイッターでこんなつぶやきがきました。
「こどもの城の小児保健クリニックは発達障害や遅れを持つお子さんの紹介先として重宝させていただいていました。診断も的確。診察を終わるとこどもの城で遊べる券をくれるので、「病院なんか行くもんか!」という子でもお母さんが連れていきやすかった。梅ヶ丘病院といい城南地区から紹介できる病院がまた減ってしまう。閉館はなんとかならないのかしら」

今日はこれくらいにして、また、紹介していきたいと思います。


こどもの城、青山円形劇場 「ショック」「なくさないで」の声、広がる

2012年9月28日、厚生労働省は、突然、「こどもの城」の閉館を発表しました。併設している青山劇場、青山円形劇場もなくすとされています。

ツイッターで「こどもの城」と検索してみたら、利用者からは、「渋谷は東京児童会館がなくなったばかりなのに。なくさないで」、「大ショック、青山円形劇場にしかできない演出がたくさんある」など、残念がる声が次々でてきます。

渋谷で子育てをするわが家は、もともと無料の東京児童会館を利用していましたが、東京児童会館は大震災で休館になり、そのまま2012年3月末に閉館されました。それ以降、休日の雨の日は「こどもの城」にたびたびお世話になってきました。こども向けのコンサートを楽しんだり、工作を楽しんだり、アスレチックを楽しんだり。

娘に「こどもの城」閉館のニュースを伝えると、「壁に絵の具でかけて楽しいのに。どうしてなの?」と何度も聞かれました。4才の娘に、納得のいく説明はできそうにありません。どう考えても、こどもの城閉館は、大人の世界の勝手な都合だからです。

こどもたちが楽しみながら、成長して行く場を、一方的に奪い取るようなことはやめてほしい。

ツイッターを見て、こどもの城を利用しているお父さん、お母さんも、同じ思いを持っている人がたくさんいるんだなと思いました。かけがえのない発表の場をなくさないでほしいという思いを持たれている、青山円形劇場や青山劇場を利用されている方々がたくさんいることを知りました。

利用者の声も聞かずに、一方的に閉館を決めるというのは、民主主義にもとります。
ひとりひとりの力は小さいけれど、みんなで力を合わせて、厚生労働省の決定をくつがえしたいと思っています。

こどもの城閉館の「理由」への疑問1
「建物はまだ十分使用に耐えられる」

厚労省発表では「建物の老朽化が進行しており、現在の機能を維持・継続することは困難」。しかし昨年の文書「財団法人児童育成協会の改革案について」では「こどもの城は、調査の結果、建物はまだ十分使用に耐えられることが確認されているところ」とあります。

省内仕分けの議論の中では、雇用均等・児童家庭局育成環境課長は、リニューアルについて問われて、「調査をして建物自体は大丈夫だという証明をいただいたのですが、水関係、電気関係等の、中の設備がかなり傷んでおりまして、それを10年計画で整備を進めています。この整備については、国が直接やっています」とこたえています。

つまり、建物は使える、中の設備は補修が必要で、10年計画で整備の真っ最中だというのです。それがどうして、突然、「老朽化で維持・継続することは困難」になったのか。まったく不可解です。

閉館をまず決めて、もっともらしく聞こえそうな理由をでっち上げたのではないかという疑問を持たざるをえません。

こどもの城閉館の「理由」への疑問2
「優先度の高い事業である」

厚生労働省は、「開館(昭和60年)当時と比べ、地方自治体で、児童館や地域子育て支援拠点の整備等が進んできたこと」とあたかも、ニーズがもうないかのような説明をしています。

ところが、厚労省の平成24年行政事業レビューシートでは、「年間80万人前後の来館者があることから、広く国民のニーズがあり、優先度が高い事業であるといえる」と書いてあります。

確かにピーク時に比べて利用者は減っていますが、休日は、たくさんのこどもであふれています。少子化の急激な進行の中でも、これだけ利用者がいることは、ニーズの高さを示しているのではないでしょうか。

さらに、省内仕分けの記述を見ると、児童育成協会理事長は児童館について「最近では廃止、縮小、閉鎖がどんどんでてきています」と述べています。実際、渋谷にあった大型児童館である東京児童会館もなくなりました。とりわけ、渋谷ではこどもの城のニーズはより高まっているのではないでしょうか。

本当の理由は、ただのコスト削減ではないのでしょうか
ならば、削るべきところが間違っていると言わざるをえません。